« カッティングプロッタでメンブレンスイッチ | トップページ | 電話とかネットとか・・・料金で悩み中 »

2009/01/22

カッティングプロッタでメンブレンスイッチ その2

導電スプレーの抵抗値がけっこう高いので、アルミテープを使った方法も試してみた。

*)プロッタの刃に悪影響があるかもしれないので、自己責任でヨロシク

Phot0002
東急ハンズで購入。オリジナルブランドのようだ。
"つやけし"タイプもあったが、何かがコーティングされてそうだったので、"光沢"タイプを選択。
本当は 100mm以上の幅が欲しかったんだけど、75mmのしか見つからなかった。


薄いアクリル(プラだったかも?)に貼り付けて、前回と同じようにプロッタでカットした。
ただし今回は逆に、回路部分を残して、他の部分を引っぺがす。

Phot0010
完成。
幅が75mmしかないので、前回よりも更に小さくなってしまった。



Phot0012
抵抗値は0.8Ω。
さすがに前回の 3.3kΩ とはえらい違いだ。



Phot0014
シートを重ね合わせて再度測定。
それでも 1.0Ω。



最後にスペーサーを挟んでみると…あれ? サイズが合わない。

ユニバーサル基盤に合わせて、配線の間隔を 5mm -> 5.08mm に変更してたんだけど、片方の配線だけ前回のファイルで切ってしまっていたようだ。
マヌケすぎる・・・。

まぁ、今回試したかったことは試せたので良しとしよう。

次の課題は、100mm幅のアルミテープ(で、表面がコーティングされていないもの)を調達することだな。
でも、コーティングされてるかどうかは買ってみないと分からない

2/1にあの楽器東京ミーティングがあるので、それまでに何らかの形で動くようにできると良いんだけど。

|

« カッティングプロッタでメンブレンスイッチ | トップページ | 電話とかネットとか・・・料金で悩み中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カッティングプロッタでメンブレンスイッチ その2:

« カッティングプロッタでメンブレンスイッチ | トップページ | 電話とかネットとか・・・料金で悩み中 »